カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

中だるみ

Author:中だるみ

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
『司法は腐り人権滅ぶ』 井上薫
裁判所で日々出されている判決の中に、理論的に明らかに誤ったものが存在し、それが社会に影響を及ぼしたり、先例としての拘束性を持ったりしているという状況を指摘する問題提起の本。
判決の違法について、
(1)個別の事件を離れ、一般論的判断をしている問題
(2)判決理由の中に、結論と関係しない「蛇足」をつけている問題
(3)住民訴訟で当事者死亡を看過して裁判を行った問題
という3つの類型にわけて、それぞれ一つの事例を取りあげて論評。
また、こうした問題とは別に、これから行われる裁判員制度について、憲法に違反する制度であると指摘する。

(2)については、ここでも前に書いた『司法のしゃべりすぎ』で取り扱ったテーマである。それを読んでいたので、本書では全体に驚きは少なかったが、一つ一つもっともだと思った。
ただ、本書は事例を各1件に絞って、平易かつ詳細な論説をしているわけだが、(2)だけで1冊の本になっているものを読んでいるだけに、ちょっと内容が薄い気がした。
特に、取りあげた事例に靖国問題があり、著者自身「勘ぐらないでいただきたい」と断っているわけだが、勘ぐられないためにも、他の事例をもう少し示したら良かったのにと思う。
また、こうした違法な判決が慣行化した背景について、もっと言及してもらいたいと思う。違法な判決を許してしまう司法界やマスコミの背景については指摘されているが、そもそもどうして裁判官がそういう判決をしてしまうのかという動機の部分を追及しなければ、問題は解決しないのではないか。

タイトルもそうだが、本文も随所に扇情的な表現が見られる。それだけ、この主張は孤独で厳しい闘いなのだろうということが推し量れる。
ただ、本書終盤で、現状の是正のためには、国民を啓蒙して司法を監視していく目を育てなければならないというような主張がされている。そういう視点からすると、過度な煽りは読者を低レベルに見ているのかなという感じがしてしまい、逆効果ではないかと思う。

いくつか文句を書いたけど、全体的には重要な問題提起だと思うし、言っていることは正しいと思う。主権者として、立法、行政に向けるのと同じ関心を、司法にも向けていなきゃいけないと思った。


司法は腐り人権滅ぶ 司法は腐り人権滅ぶ
井上 薫 (2007/05/18)
講談社

この商品の詳細を見る

スポンサーサイト
読書>読んだ本  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
2007年7月に読んだ本
スペシャルブレンドミステリー謎001(感想)
「法令遵守」が日本を滅ぼす郷原信郎(感想)
地図に訊け!山岡光治(感想)
手紙東野圭吾(感想)
テロリストのパラソル藤原伊織(感想)
入門!論理学野矢茂樹(感想)

以上6冊。後半ペースが落ちた。『入門!論理学』にちょっと時間をかけたのと、暑いとあんま読めないというのが原因。
今月の1冊は、その『入門!論理学』かな。
『「法令遵守」が…』も良かった。次点ということにしよう。
読書>月別  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
『入門!論理学』 野矢茂樹
正しく要約できないと思うので、BOOKデータベースから引用。
論理の本質に迫る、論理学という大河の最初の一滴を探る冒険の旅!あくまでも日常のことばを素材にして、ユーモアあふれる軽快な文章で説き明かされていく。楽しみ、笑いながらも、著者とともに考えていく知的興奮。やがて、「考え、話し、書く」という実際の生活に生きている論理の仕組みが見えてくる。論理学って、なんだかむずかしそう、と思っているあなにこそ、ぜひ読んでほしい「目からうろこ」の入門書。
前半はまぁいいとして、最後の「目からうろこ」は……普通のみんなはそうなのかなぁ。
確かに、ユーモアをまじえたやさしい語り口で、難しい言葉は使わず、かつ正確に伝えてくれる本だったと思う。けど、すっきりわかるというより、むしろ、すっきり理解できるほど生やさしいものじゃない、ということがよくわかった。そういう意味では「目からうろこ」かもしれないけど。
論理学という学問の深淵を、素人にほんの少し垣間見せてくれるような感じの本だと思う。理解できたとは言えないけど、おもしろかった。何度か読み返そうと思う。

入門!論理学 (中公新書) 入門!論理学 (中公新書)
野矢 茂樹 (2006/09)
中央公論新社

この商品の詳細を見る

読書>読んだ本  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
『テロリストのパラソル』 藤原伊織
あんまり文学賞などはチェックしていないので、全然知らなかったけど、これは江戸川乱歩賞と直木賞を両方受賞した作品だそうだ。
爆弾テロ、学生運動、ホームレス、麻薬などの社会的素材がいろいろ出てくるけど、政治的・思想的なメッセージよりも、ハードボイルド・ミステリ・娯楽作品として楽しめる。
終盤で、『テロリストのパラソル』というタイトルの意味が明らかになるところが良かった。一般的日本人にとっては、多分この本の書かれた当時と現在では「テロ」という言葉の持つ意味が違っていると思う。そういう意味で、このタイトルに対してちょっと身構える感じがあったのだが、この本を最後まで読んでみると、いいタイトルだったなと思う。

テロリストのパラソル テロリストのパラソル
藤原 伊織 (2007/05)
角川書店

この商品の詳細を見る

読書>読んだ本  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
『手紙』 東野圭吾
強盗殺人犯を兄に持つ主人公が、高校生活、進学、恋愛、就職…という人生の中で、犯罪者の家族という境遇に行く手を阻まれながら、その事実とどう向き合っていくのか……という話。

主人公の葛藤や成長の物語としては、ちょっと幸運すぎる部分があって、甘いような気がした。……この「幸運」ってのは由実子の存在のことだけど、文庫についてた映画の帯で、由実子=沢尻エリカというイメージで読んでしまったので、余計にそう思うのかもしれない(笑)
しかし、テーマは重要な問題で、主人公の立場というより、彼から見た周囲の人間達の振る舞いに、考えさせられるものが多かった。

それはともかく、やっと東野圭吾1冊目だったのだが、ミステリじゃなかったのね、これ。
amazonで他の商品と一緒にポチッとしたんだけど、ミステリはレビューとか書評とか事前には見ないようにしてるから、届くまでわからなかったよ。

手紙 手紙
東野 圭吾 (2006/10)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

読書>読んだ本  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
ブログ内検索
RSSフィード
参加サイト
FC2カウンター
いろいろ広告とか








Powered by FC2



A8.net

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。