カレンダー
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

中だるみ

Author:中だるみ

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
2007年2月に読んだ本
  • 『影踏み』 横山秀夫
  • 『司法改革』 姉小路祐
  • 『遺伝子インフェルノ』 清水義範
  • 『MONEY』 清水義範
  • 『個人と国家 今なぜ立憲主義か』 樋口陽一

5冊。『個人と国家』を、以前読んだ樋口先生の他の本もめくったりしながら時間をかけて読んだので、冊数は少なかった。
小説では『影踏み』が一番良かった。 なお、『司法改革』は、論説ではなくて推理小説だ。

スポンサーサイト
読書>月別  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
ブログ内検索
RSSフィード
参加サイト
FC2カウンター
いろいろ広告とか








Powered by FC2



A8.net

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。