カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

中だるみ

Author:中だるみ

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
2007年4月に読んだ本
『交渉人』五十嵐貴久
『アヒルと鴨のコインロッカー』伊坂幸太郎
『オーデュボンの祈り』伊坂幸太郎
『開国ニッポン』清水義範
『スタア』清水義範
『脳男』首藤瓜於記事
『私の個人主義』夏目漱石

7冊。忙しかった先月と同じだった。
『私の個人主義』は、とっくに読んでおくべきだった。
小説では、『アヒルと鴨のコインロッカー』と『スタア』が良かった。

スポンサーサイト
読書>月別  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
『脳男』 首藤瓜於
表紙やタイトルはちょっとホラーっぽい。しかし内容は、ちょっと現実離れした感じはあるけど、ミステリだろう。

連続爆弾事件の動機、犯人グループの一人として逮捕された鈴木という男の謎……。こうした謎を、鈴木の精神鑑定にあたった医師の鷲谷と、個性的なベテラン警察官の茶屋が解いていくという話である。
事件の提示から、鷲谷のキャラクターの背景、茶屋と鷲谷のやりとり、そして鷲谷が鈴木の謎に迫っていくあたりは、興味深く読めた。
ただ、終盤、鈴木が超人すぎるあたりは、個人的にはちょっといただけない感じ。それと、爆弾犯の方については、さんざん犯行に振り回されてきた割には、説明がちょっと簡単すぎる気もした。

カバーの後ろの紹介文で、乱歩賞の「全選考委員が絶賛した」などと書いてあるので期待が大きかった分、自分の中での評価は多少低くなってしまうが、それを差し引けばまぁまぁ良かったと思う。
脳男 脳男
首藤 瓜於 (2003/09)
講談社

詳細 [amazon] [bk1]

読書>読んだ本  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
JISQ15001:2006の解説書
個人情報保護マネジメントシステム要求事項の解説―JIS Q 15001:2006 個人情報保護マネジメントシステム要求事項の解説―JIS Q 15001:2006
鈴木 正朝、齋藤 雄一 他 (2006/07)
日本規格協会
詳細: [amazon] [bk1]

仕事でPマークの取得をやったのだが、ちょうど申請するのと規格の移行が同時期だったので、旧規格で認定を受けた。で、 まだ時間の猶予はあるけど、いずれ新規格に合わせて規程を作ったりしなければならないので、まずはこの本あたりからちょっとずつ準備をしていこうということで購入。連休あたりで一度通読しておく予定。
個人情報  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
『オーデュボンの祈り』 伊坂幸太郎
オーデュボンの祈り オーデュボンの祈り
伊坂 幸太郎 (2003/11)
新潮社

詳細 [amazon] [bk1]
ことばを話し、未来が見えるというカカシを筆頭に、奇妙な住人ばかり住む、社会と隔絶されている奇妙な島。……こんな舞台設定で、普通なら自分は「ちょっとついていけないな~」という感じになるのだが、この作品はなぜか最後まで引っ張られるように読んでしまった。
登場する奇妙なキャラクターが何かを暗示しているんじゃないかとか思いたくもなるけど、多分そういうことを考えていたら、わけがわからなくて投げてしまったかもしれない。あまり深く考えず、素直にこの作品の世界に身を委ねてストーリーを追っていったのが良かったんだろう。
読書>読んだ本  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
『LOVE LIKE POP add. 10th Anniversary』 aiko
aiko LOVE LIKE POP add. 10th Anniversary aiko LOVE LIKE POP add. 10th Anniversary
aiko (2007/03/21)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

嫌なことがあったりして、切り替えたいのに気がつくとそのことを悶々と考えてしまったりするとき、人それぞれいろんな解決方法があるだろうけど、私の場合はこれだ。
CDを聴くだけでもリフレッシュはできるが、重症の場合はやっぱりライブDVDである。頭の中を空っぽにして、aikoの世界にはまりこんで、そして終わった後は「よし、がんばろ」って気分になれる。
そんな、私にとっての特効薬が、また一つ増えたわけだ。

aikoのLIVE DVDはこれが5枚目。2007/1/31の横浜アリーナでの追加公演を中心に収録というから、公演から2ヶ月弱でのリリースである。確認していないが、多分今までの4枚とくらべてかなり早いんじゃないかと思う。
せっかくだから新鮮なうちに見たかったのだが、ずっと忙しくて、買ってから1ヶ月も経ってようやく今日観ることができた。難解なオマケ映像が今回もあるらしいので、それはこれからのお楽しみだ。
音楽  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
『頭のいい人が儲からない理由』 坂本桂一
タイトルにひかれて読んだんだが、このタイトルに合った内容は一部分だけだった。
それはいいとして、全体的に、さほど驚くようなことは書いていない。 まだ社会に出ていない学生とか、社会人になって間もない人で、一旗揚げたいという野望を持っている人が読んだらいいんじゃないか。 一定の経験を持っていて、これから起業しよう(あるいはすでにしている)という人がこの本を読んでも参考になることはあると思うが、「目からウロコが落ちた」とか思うようなら、その人は成功しないだろう。
エピソードとしては、筆王販売の裏話とかはおもしろかったし、ちり紙交換のエピソードは印象に残った。

頭のいい人が儲からない理由 頭のいい人が儲からない理由
坂本 桂一 (2007/03/27)
講談社
詳細 [amazon] [bk1]

読書>読んだ本  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
ブログ内検索
RSSフィード
参加サイト
FC2カウンター
いろいろ広告とか








Powered by FC2



A8.net

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。