カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

中だるみ

Author:中だるみ

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
『六番目の小夜子』 恩田陸
4101234132六番目の小夜子
恩田 陸
新潮社 2001-01

by G-Tools

プロローグに出てくるゲーム、こういうゲームを知っているが、微妙に違っていて、2種類ある。
一つは、「ウインクキラー」と呼んでいたもので、カードで犯人役(これを「キラー」と呼ぶ)になった人は、他のプレーヤーにこっそりウインクするというもの。この本で「目くばせ」とされている部分がウインクになったものだ。私のやっていたこのゲームでは、プレーヤーは口をきいてはならないルールで、周りからみると雰囲気は異様だ。
もう一つは「探偵」と呼んでいたゲーム。これもカードで役割を決めるのは同じだが、役割決定後は部屋の明かりを消し、全員が伏せて周りを見ないようにする。犯人はこっそりと起きあがり、ピコピコハンマーのようなもので誰かを殴って、またこっそりと元の位置に戻る。明かりを点けたら、探偵が犯人を探す。これは、かなり大勢でやるのが楽しいゲームで、学生のころ合宿などでよくやったものである。
特に大学生のころは、この「探偵」がかなりエスカレートしたゲームを恒例行事としてやっていた。参加者は数十人、犯人は5人設定し、1人が主犯、4人が共犯となる。犯人達は、明かりを消したら座布団等を使ってとにかく大暴れする。誰彼構わずたたいたりひきずったり積み上げたり。そして制限時間が来たら、犯人達は被害者を一人決め、全員で一つの枕を持ち、被害者の上に落とす。このとき、主犯役が最後に枕から手を放す、という決まりが一応ある。それを手がかりとして、探偵は5人の中から(5人が誰かは、さすがにこれだけ大暴れすればみんなわかっている。)主犯を探すのである。

それはともかく、この小説は、ホラーなのかミステリなのかSFなのかよくわからないままどんどん進行していく。ここでは結末には触れないが、青春小説として爽やかに読める小説である。でも、自分自身が十代のころならもっと感情移入して世界に入り込んで読めたと思うのに、今となってはそうもいかず、ちょっと引いた位置から読んでいる。読後、そんなことに気づいて、少しさびしく感じたりもしてしまった。
スポンサーサイト

読書>読んだ本  |  Comments:(2)  |  Trackback:(0)
懐かしい!!


随分と前に、某・N○Kでドラマやってるのをチラ見した記憶があります。

今をときめく女優さんたちが出てて結構豪華だったのを覚えてます。
栗山千明さんとか、鈴木杏さんとか、松本まりかさんとか…(笑

原作本があったんですねー。今度探して読んでみたいと思います。

それでは。
2006-05-14(Sun) 04:29:48 | URL | 亜純 #- [ 編集]
ドラマは、あったらしいことは知ってましたが、見たことはないです。見てみたい気もするけど、原作だと、津村沙世子はとっっっても美しくなければならないので、このままイメージにしておいた方がいいかも……。
2006-05-14(Sun) 18:59:07 | URL | 中だるみ #- [ 編集]
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
RSSフィード
参加サイト
FC2カウンター
いろいろ広告とか








Powered by FC2



A8.net

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。