カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

中だるみ

Author:中だるみ

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
予測変換
ブログ3日坊主は、今回は一応回避できたみたいだけど、しかしあまりにも更新が途切れ途切れなので、こんなのにも参加しとこう↓

トラックバックテーマ 第41回

といっても、携帯変えてからまだ2週間くらいだからなぁ。そんなにいろいろ学習はしてないけど、どうかなぁ。

  • え → 駅
  • ふ → フィルタ
  • し → 処理
  • い → 一時
  • つ → 続いて
  • う → ウェブ

……予想どおり、つまらぬ結果になってしまった。

この際だから携帯について書いてみよう。
自分はポケベル全盛期にもポケベルは使っていなかったが、携帯の文字入力は最初から「ベル打ち」だ。
2週間前まで使っていたのは、P505iで、2年半くらい使用したが、この機種では「ニコタッチ」を使っていた。今の機種ではそれが使えないので、今久しぶりに「純ベル打ち」に戻って、ちょっとアルファベットの入力に苦労しているところである。

「ベル打ち(2タッチ方式)」は、普通の打ち方(トグル打ち?)にくらべ、ボタンを押す回数が平均すると少なくて、速い入力方式だと言える。
しかし自分としては、単にボタンを押す回数の問題ではなく、リズムがいいことが、ベル打ちを選ぶ理由になっている。つまり、どの文字を打つときも同じ回数だから、一定のペースで入力できるということだ。
最近は、今回のテーマでもある予測変換が充実してきたようで、普通の打ち方でも十分速く打てるようだ。しかしこの予測変換も、リズムよく自分の好きなように入力しているときには、邪魔に感じることの方が多い。

欠点は、英数字の入力が、ボタンの刻印と一致しないということである。(例:W=58、4=99 など)これは、憶えるまでは苦労する。それと、句読点の入力がやっかいなところも欠点だろう。
こうした点を改善した、改良型のベル打ちが「ニコタッチ」である。
この方式は自分としては最強だと思っていたのだが、先日機種変更した際、事前に調査せず、Pだから当然あるだろうと思いこんで、非搭載の機種を買ってしまった。ソフトがPじゃないことは承知していたのに。失敗した。(ちなみにP701iD)
スポンサーサイト

道具  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
RSSフィード
参加サイト
FC2カウンター
いろいろ広告とか








Powered by FC2



A8.net

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。