カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

中だるみ

Author:中だるみ

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
2007年5月に読んだ本
  • 『あたらしい憲法のはなし』 →感想
  • 『護憲派の一分』 土井たか子・佐高信 →感想
  • 『石原莞爾 その虚飾』佐高信 →感想
  • 『トリックスターから、空へ』 太田光 →感想
  • 『D-白魔山[上][下]』 菊地秀行 →感想
  • 『D-狂戦士イリヤ』 菊地秀行 →感想
  • 『それでも、警官は微笑う』 日明恩 →感想
  • 『陽気なギャングが地球を回す』 伊坂幸太郎 →感想
  • 『チルドレン』 伊坂幸太郎 →感想
  • 『清水義範ができるまで』 清水義範 →感想
  • 『データの罠』 田村秀 →感想
  • 『頭のいい人がもうからない理由』 坂本桂一 →感想
13冊。前半は連休で結構読んだけど、その後はまぁ普通のペースで、月末は全然本には手が着かなかった。
一番良かった小説は、伊坂幸太郎の『チルドレン』。
小説以外では特別に素晴らしいと思ったのはなかったけど、この中では太田光が一番印象に残っている。考え方がどうこうというより、エネルギーが感じられた。
スポンサーサイト

読書>月別  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
RSSフィード
参加サイト
FC2カウンター
いろいろ広告とか








Powered by FC2



A8.net

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。