カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

中だるみ

Author:中だるみ

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
『D-白魔山』 菊地秀行
先日『狂戦士イリヤ』を読んで、Dが随分久しぶりに感じたんだけど、これを読むのを忘れていたんだった。
でこの本では、Dが人間に助けられたり、左手に冗談を口にしたり、そしてボスキャラのギルゼン公爵が強すぎたり、目の離せない展開の連続だった。
どうでもいいことだが、上巻のDが雪山の岩壁を登るシーンで、「一匹の世にも美しい爬虫のごとく岩壁を滑り上がっていく姿」って描写がある。けど、黒衣のDがすごい早さで岩壁をよじ登る様を想像すると、美しい爬虫っていうよりゴキブリを思い浮かべてしてしまった(^^;
『イリヤ』で出てきたリリアはこの本で出てきてたのか。先にこっちを読むべきだった。やっぱ順番どおりに読まないと。

D-白魔山(上) ―吸血鬼ハンター(17) D-白魔山(上) ―吸血鬼ハンター(17)
菊地 秀行 (2005/02/28)
朝日ソノラマ

この商品の詳細を見る

D‐白魔山〈下〉―吸血鬼ハンター〈17〉 D‐白魔山〈下〉―吸血鬼ハンター〈17〉
菊地 秀行 (2005/07)
朝日ソノラマ

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

読書>読んだ本  |  Comments:(0)  |  Trackback:(1)
管理者にだけ表示を許可する

いよいよ、ミライと大和の一騎打ちが始まる。重厚長大だが情報処理機敏性に欠ける大和と、敏捷で情報処理速度は超絶に速いが、一発食らったらそれで終わりのミライ。「軍隊」として敵の殲滅を目的とすると同時に、真の敵はアメリカ軍であるために相打ちになるわけにはいか...
2007-10-11(Thu) 18:38:29 | ゆいのブログ
ブログ内検索
RSSフィード
参加サイト
FC2カウンター
いろいろ広告とか








Powered by FC2



A8.net

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。