カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

中だるみ

Author:中だるみ

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
『スペシャルブレンドミステリー 謎 001』
日本推理作家協会が毎年選定している短編集の、1970年、1980年、1990年の3年分の中から、東野圭吾がさらに選んだ8編。
松本清張から宮部みゆきまで、どれも有名な人ばかりで、もちろん名前は全部知っているけど、私の中でのレギュラーは宮部みゆきだけだった。
8編それぞれ違った趣があって、全部良かったが、特に印象的だったのは『北斎の罪』(高橋克彦)だった。話のテーマになっている謎(北斎漫画の版下絵の真贋)とともに、タイトルも謎で、「何が罪なんだろ?」と思いながら読んでいくと、最後にそれが両方解き明かされて、スッキリする短編だ。

この本を買ったとき、本当は東野圭吾の本を読んでみようかと思って書店に行ったのだが、沢山並んでいてどれから読めばいいかわからなかったので、これにしてしまったのだった。
この本には、東野圭吾の小説は入っていないが、選者ということで解説文を書いている。それでますます興味を持ったので、そのうち是非読みたい。

スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎001 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎001
日本推理作家協会 (2006/09/16)
講談社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

読書>読んだ本  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
RSSフィード
参加サイト
FC2カウンター
いろいろ広告とか








Powered by FC2



A8.net

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。