カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

中だるみ

Author:中だるみ

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
『手紙』 東野圭吾
強盗殺人犯を兄に持つ主人公が、高校生活、進学、恋愛、就職…という人生の中で、犯罪者の家族という境遇に行く手を阻まれながら、その事実とどう向き合っていくのか……という話。

主人公の葛藤や成長の物語としては、ちょっと幸運すぎる部分があって、甘いような気がした。……この「幸運」ってのは由実子の存在のことだけど、文庫についてた映画の帯で、由実子=沢尻エリカというイメージで読んでしまったので、余計にそう思うのかもしれない(笑)
しかし、テーマは重要な問題で、主人公の立場というより、彼から見た周囲の人間達の振る舞いに、考えさせられるものが多かった。

それはともかく、やっと東野圭吾1冊目だったのだが、ミステリじゃなかったのね、これ。
amazonで他の商品と一緒にポチッとしたんだけど、ミステリはレビューとか書評とか事前には見ないようにしてるから、届くまでわからなかったよ。

手紙 手紙
東野 圭吾 (2006/10)
文藝春秋

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

読書>読んだ本  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
RSSフィード
参加サイト
FC2カウンター
いろいろ広告とか








Powered by FC2



A8.net

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。