カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

中だるみ

Author:中だるみ

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
『テロリストのパラソル』 藤原伊織
あんまり文学賞などはチェックしていないので、全然知らなかったけど、これは江戸川乱歩賞と直木賞を両方受賞した作品だそうだ。
爆弾テロ、学生運動、ホームレス、麻薬などの社会的素材がいろいろ出てくるけど、政治的・思想的なメッセージよりも、ハードボイルド・ミステリ・娯楽作品として楽しめる。
終盤で、『テロリストのパラソル』というタイトルの意味が明らかになるところが良かった。一般的日本人にとっては、多分この本の書かれた当時と現在では「テロ」という言葉の持つ意味が違っていると思う。そういう意味で、このタイトルに対してちょっと身構える感じがあったのだが、この本を最後まで読んでみると、いいタイトルだったなと思う。

テロリストのパラソル テロリストのパラソル
藤原 伊織 (2007/05)
角川書店

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

読書>読んだ本  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
RSSフィード
参加サイト
FC2カウンター
いろいろ広告とか








Powered by FC2



A8.net

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。