カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

中だるみ

Author:中だるみ

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
『日曜日たち』 吉田修一
日曜日たち日曜日たち
吉田 修一

講談社 2006-03-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ややネタバレ気味かもしれないので一応続きに書く。


この作家の本は初めて読むのだが、カバーのうしろの紹介文を読んで、日頃ミステリばかり読んでいる自分としては、ラストに劇的な仕掛けがあるのかと期待してしまっていた。なので、最後は「あれ、これで終わりなの?」というのが正直な感想だった。
しかしそれは自分の勝手な思いこみのせいなので、作品がつまらなかったわけではない。変な期待をしなければ、しみじみと味わえる小説だと思う。
ただ、この兄弟について、4つのエピソードでは断片的な関わりしかしていないのに、5つめのエピソードではかなり大きく関わっていて、種明かし的に全部の事情が描かれてしまっている。その辺が、仕掛け好きな自分としてはやや残念な気がする。最後まで、断片的な関わりしか持たない登場人物のエピソードだけを描きながら、兄弟の背景がすべて浮かび上がるような連作になっていたら、もっとすばらしかったのに、と思うのである。もちろん、言うのは簡単で、実際にどうすればその形で現在の兄弟の姿までを読者に示せるかというのは、自分にはまったくアイデアもないのだが。
スポンサーサイト
読書>読んだ本  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
RSSフィード
参加サイト
FC2カウンター
いろいろ広告とか








Powered by FC2



A8.net

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。